できてしまったほうれい線を消すためのケアとメイク

時間が無くても知識が無くても
大丈夫な遺品整理

メイクで消す

できてしまったほうれい線を目立たなくさせるには、多少の時間がかかります。
ですから、できてしまったほうれい線を目立たなくするためには、メイクでうまく隠してしまいましょう。
まず、大事なのは、メイクをする前に保湿を十分にするということです。
洗顔をしてしっかりと皮脂や汚れを落とし、クリアな状態の肌を作ってからしっかりと保湿をします。
乾燥した状態でメイクをしてしまうと、ほうれい線を消すことができるどころか、かえって目立たせる結果になってしまいます。

その後、化粧下地をつけますが、下地選びも大事です。オススメなのは、肌の凹凸を滑らかにしてくれるシリコン製の下地です。シワを目立たなくさせ、シワの中にファンデーションが溜まるのを防いでくれます。
そして、明るめのオレンジ系やイエロー系のコンシーラーを少量指に取り、ほうれい線にそってトントンと叩くようにのせていきます。
あくまでも少量を叩き込むというのがポイントです。

下地が整ったら、ファンデーションをつけます。ここでのポイントは厚塗りにならないようにすることです。シワをカバーしようとして厚塗りをすると、かえってシワの中にファンデーションがたまり、老けた印象に見えます。
スポンジに少量のファンデーションを取って、トントンと叩くようにつけていきましょう。
そして、仕上げにパールが配合されているハイライトを目元や鼻筋などの顔の高い場所に乗せます。この手間をかけることで、光の効果でほうれい線を消すことができるのです。

メイク直しをする際には、一度テッシュでファンデーションのよれをキレイにしてからブラシなどを使ってうっすらカバーするようにします。
ほうれい線を消すために、メイク直しの際にもファンデーションを重ねてしまいがちですが、それではほうれい線を消すどころか余計に目立たせることになってしまいます。
このように肌をつくることで、ほうれい線だけでなくちりめんジワや細かなシワ、くすみ感も目立たなくさせることができます。

年齢肌を若々しく見せるためのメイクで重要なのは、重ね過ぎないということと、光の反射をうまく利用して「飛ばす」ということです。
アイシャドウもパール系のものと使用して、キラキラとツヤのある仕上がりにするといいでしょう。